2018年03月15日

ユスラウメは、枝いっぱいに実をつけます

ユスラウメは、江戸時代の頃に多く見られるようになり、春になると枝にたくさんの白い花を咲かせます。成長すると高さ3mくらいになり、樹皮は暗褐色になっております。入梅の頃になると枝いっぱいに赤い実をつけ、この姿は、梅のようになっております。この頃になると野鳥がやってきて、この実を食べに来ております。この実は、甘酸っぱくてとても美味しいです。私の庭にも3本ありますので、赤い実がなるとたくさんとり、この実をつかってジャムを作っております。とても美味しいジャムになりますので、ユスラウメを手に入れるようなことがありましたら、是非、作ってみてください。
posted by タラの芽 at 22:00| Comment(0) | 夏の山菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
山菜採り 山菜図鑑 家の中 ネズミ退治 ヤスデ大量 害虫駆除と対策 茅葺屋根の宿 昔懐かしい、おばあちゃん家のような「古民家宿」 血栓を溶かす食べ物のすべて!

にほんブログ村


山菜採り ブログランキングへ